用語集

宥恕(ゆうじょ) | 浮気・不倫・不貞・離婚の慰謝料の用語集

【定義】
宥恕とは、相手を許すことです。
 
【解説】
宥恕は内心の出来事ですが、以下のように一定の法的な意味を持つことがあります。

①刑事事件の示談
刑事事件で被害者とかわす示談書の条項の一つに、「被害者は、被疑者を宥恕する。」といった文言を入れることがあります。犯行の悪質性や社会への影響、犯人の反省など処罰の重さを左右する諸要素を情状といいますが、被害者の処罰感情はその中でも重要な要素です。宥恕文言があるということは処罰感情が低いまたはないということですから、一般的には情状が良くなり、執行猶予などの軽い量刑につながったり、起訴前であれば不起訴になることもあります。もっとも、被害者が「宥恕」という日常用語ではない言い回しを理解していない可能性もあることに注意が必要です。
あとから「意味がわかっていなかった」と宥恕意思を覆されるよりは、最初から「厳しい処罰までは求めません。」と
平易な文章で示談書を作成しておいた方がよい場合もあります。

②不貞をした配偶者を宥恕しながら相手を訴える場合
たとえば夫が不倫したので相手女性を訴えながら、夫自身は反省しているので今回だけ許して夫婦としてやり直していこうというケースは少なくないと思います。しかし裁判例をみると、この夫に対する宥恕は女性の慰謝料額に影響する可能性があります。夫と女性の責任は連帯責任ですが、その二人の間では夫の側の責任が重いと考えられており、その重い方が宥恕されているのに女性の責任に反映させないのは不公平だという判断があるようです。
この場合の宥恕ははっきり表明されていなくても、同居を続けているとかその後妊娠したという事実から推測される例も見られます。
 
【関連用語】
不貞
不真正連帯債務
 
不貞慰謝料請求について、経験豊富な弁護士がアドバイスいたします。初回30分無料の法律相談をお気軽にご利用ください。

関連記事

任意認知(にんいにんち)

【定義】 任意認知とは、法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子(非嫡出子)について、子の父が、任意に、父子関係があることを認め、法律上の父子関係を成立させることをいいます。 【解説】 任意認知は、意思能力があれば、未成 … 続きを見る

嫡出否認の訴え(ちゃくしゅつひにんのうったえ)

【定義】 嫡出否認の訴えとは、嫡出推定される嫡出子との法律上の父子関係を、否認するための裁判手続きをいいます。 【解説】 ①妻が婚姻中に妊娠した子、または、②婚姻成立の日から200日経過後または婚姻の解消又は取り消しの日 … 続きを見る

嫡出子(ちゃくしゅつし)

【定義】 嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女間に生まれた子のことをいいます。 【解説】 民法上、子は、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた嫡出子と、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた非嫡出子に分類されていま … 続きを見る

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム