浮気・不倫・不貞・離婚の慰謝料の弁護士費用

弁護士費用

はじめに

当事務所は、弁護士費用の適正化と明朗化を徹底しています。
浮気・不倫・不貞・離婚など慰謝料問題については、皆様に安心してご依頼頂くため、他の業務と区別した専用の弁護士費用体系をご用意し、リーズナブルな弁護士費用を実現しています。
具体的には、浮気・不倫・不貞・離婚など慰謝料を請求したい方と請求された方で、弁護士費用の体系を分け、請求したい方には順次支払型と成功報酬型を選べるようにし、請求された方は減額報酬を中心とした費用設定とさせて頂いております。
ご依頼頂く際は、この点をより詳しく、そしてわかりやすく説明し、お見積りをいたします。そして、ご依頼時には、委任契約書を作成し、弁護士費用を明記します。
弁護士費用は原則として一括払いとなりますが、当事務所がやむを得ない事情があると認める場合、分割払いも対応させて頂きます。
弁護士費用についてのご要望・不明点は、当事務所弁護士に遠慮なくご相談・お尋ねください。

弁護士費用の種類

法律相談料 浮気・不倫・不貞・離婚など慰謝料問題の初回相談は30分無料です。
但し、セカンドオピニオンや相談のみを目的とする場合など、30分5000円(税込5500円)の有料相談となります。
ご相談・ご依頼方法へ
着手金 事件のご依頼を頂き、弁護士が事件の処理に着手する際に、事件処理の対価としてお支払い頂く費用です。
慰謝料請求したい方慰謝料請求された方
報酬金 事件のご依頼を頂き、弁護士が事件の処理を終了した際に、事件処理の成果(示談の成立・判決の取得・慰謝料の回収や減額など)に応じてお支払頂く費用です。
慰謝料請求したい方慰謝料請求された方
実費予納金 事件のご依頼を頂き、弁護士が事件の処理に着手する際に、事件処理のために必要な実費の概算金額を、当事務所にてお預かりいたします。
実費とは、訴訟のための収入印紙(請求額による)、郵便切手代(通常1万円以内)、各種謄本取寄せ費用、交通費、裁判所に納める予納金、通信費・謄写代等です。
手数料 1回の手続きで終了する法律事務についてお支払い頂く費用です。
例えば、弁護士照会、住民票や戸籍の取寄せ等を行う場合にお支払頂きます。
日 当 弁護士が事件処理やその移動のために長時間(2時間以上)の外出を要する場合にお支払頂く費用です。

※表記は全て税別です。

慰謝料請求したい方の弁護士費用

慰謝料請求したい方に、安心・納得してご依頼頂くために、A・B2つの弁護士費用プランを用意しました。

慰謝料請求したい方の弁護士費用一覧表 ※1
  プランA:順次支払型 プランB:成功報酬型 ※2
着手金 報酬金 着手金 報酬金
交渉 10万円(税込11万円)

回収額
の16%

(税込17.6%)

無料

回収額 の
20〜30%

(税込22〜33%)

訴訟 お見積り
(税込16万5000円~ ※3)
お見積り

※ 1 別途実費がかかります。

※2 争点がある場合や不貞について証拠がない又は相手方が無資力の場合、プランB:成功報酬型ではお受けできません。

※3 

①訴訟に移行した場合、追加着手金は15~25万円(税込16万5000円~27万5000円)の範囲でお見積りいたします。

②訴訟からご依頼頂く場合、着手金は20~35万円(税込22万円~38万5000円)の範囲でお見積りいたします。

慰謝料請求された方の弁護士費用

慰謝料請求された方に、安心・納得してご依頼頂くために、減額報酬を中心とした弁護士費用プランを用意しました。

慰謝料請求された方の弁護士費用一覧表 ※1
  着手金 報酬金 ※2
交 渉 15万円(税込16万5000円) 減額の10%(税込11%)
訴 訟

お見積り

(税込16万5000円~ ※3)

※ 1 別途実費がかかります。
※2 

①事案によって最低報酬金を10万円(税込11万円)とさせていただきます。

②訴訟移行した場合の報酬金は減額の16%(税込17.6%)でお見積させていただく場合があります。

③慰謝料の請求が停止した場合の報酬金は、10万円(税込11万円)です。万一、請求が再開した場合は業務を再開し、再開後に示談や
訴訟によって解決した場合、解決時の報酬から支払い済みの報酬金を控除します。

※3 

①訴訟に移行した場合、追加着手金は15~25万円(税込16万5000円~27万5000円)の範囲でお見積りいたします。

②訴訟からご依頼頂く場合、着手金は20~35万円(税込22万円~38万5000円)の範囲でお見積りいたします。

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム