浮気・不倫・不貞・離婚の慰謝料請求したい方

慰謝料等請求したい方

慰謝料請求をお考えの方へ

浮気・不倫・不貞相手に慰謝料を請求したい!

結婚相手の浮気・不倫・不貞を知り、悲しみ、ショック、怒り、不安など様々な精神的損害を受け、多様な悩み・問題を抱え、浮気・不倫・不貞相手への慰謝料請求をお考えいただいているのではないのでしょうか。けれど、分からないことがたくさんある。

  • どんな方法で浮気・不倫・不貞の慰謝料を請求すればいいの?
  • 浮気・不倫・不貞の慰謝料を請求するのに、証拠は必要なの?
  • 浮気・不倫・不貞の証拠を持っているけれど、足りている?
  • 浮気・不倫・不貞の慰謝料は、いくら請求できる?
  • 慰謝料を請求したら、相手は払う?
  • 相手は慰謝料を払わないと言っているけど、慰謝料取れる?
  • 浮気・不倫・不貞の慰謝料は、いつまでに請求しなければならない?
  • 弁護士に相談・依頼したら、いくらくらいかかる?
  • 相手の連絡先は分かっているけれど、氏名や住所がわからないときはどうしたらいい?

arrow-bottom
そのほかにも、疑問・不安や悩みはたくさんあると思います。
浮気・不倫・不貞の慰謝料を請求したいとお考えの方、当事務所弁護士に、是非ご相談ください!
当事務所へのご相談は、052-562-0775に今すぐ電話予約!
または、で相談申込みください。

慰謝料請求の流れ

  • 初回無料法律相談の実施!
  • 相談時に、慰謝料請求の流れ・メリット・デメリット、見通し等の説明いたします。

arrow-bottom
  • ご依頼前に、弁護士費用のご説明・お見積りいたします。
  • ご依頼の際に、契約書及び委任状等の作成・交付いたします。

arrow-bottom

交渉前の準備

  • 浮気・不倫・不貞に関する証拠の保全・収集・確認等いたします。
  • 慰謝料請求の相手を確定します。慰謝料請求の相手として、配偶者(元)と不貞相手いずれか片方だけとするか、双方に対して請求するかを決めます。また、不貞相手の氏名や住所等の情報を収集・確認します。
  • 慰謝料請求額を決定します。浮気・不倫・不貞するに至った事情やこれまでの経緯、ご依頼者様の状況、不貞等によってご依頼者様に生じた損害の内容等を踏まえ、慰謝料の請求額を決めます。請求額であり、確定的な金額ではありません。

交渉開始

  • 内容証明郵便を利用し、不貞による慰謝料を請求する旨の通知書を送付するなど、弁護士が代理人として、相手方に慰謝料請求します。
  • 弁護士が代理人となって、相手方と交渉します。
交渉成立
交渉の結果、示談や和解が成立した場合は、示談書や和解書などを作成します。示談書は、当事者の人数分作成し、それぞれが1通ずつ保管します。

arrow-bottom
示談が成立しなかった場合、ご依頼者様とご相談の上、訴訟を提起し、裁判にて慰謝料の支払いを求めます。 証拠状況、従前の交渉経緯等を踏まえ、相手方の反論や訴訟における見通し等を説明・ご依頼者様にご理解頂いた上で、弁護士が訴状を作成し、管轄裁判所に訴訟提起します。訴訟には、当事者や証人に尋問する場合などを除いて、弁護士のみが出廷します。

arrow-bottom
訴訟による解決の場合、裁判上で相手方と和解が成立する場合、和解に至らず慰謝料の有無及び金額について判決が言い渡される場合などがあります。
慰謝料請求したい際の獲得・解決事例

解決事例 示談交渉で150万円以上の慰謝料を獲得した50代女性の事例

【ご依頼者様情報】 ・50代 ・女性 ・婚姻期間 15年以上 子2人 ・不貞の証拠あり、不貞を認める 【事件の詳細】 ご依頼者様と夫は、高校の同級生で、高校卒業する頃に交際を開始し、その後数年の交際期間を経て、婚姻しまし … 続きを見る

解決事例 示談交渉で慰謝料約100万円を獲得した20代男性の事例

【ご依頼者様情報】 ・20代 ・男性 ・婚姻期間 2年未満 子なし ・不貞を認める   【事件の詳細】 ご依頼者様の妻は、ご依頼者様との婚姻以前より、相手男性と交際していたようで、ご依頼者様のとの婚姻後、しばらくは相手男 … 続きを見る

解決事例 弁護士による示談交渉で、慰謝料150万円以上の獲得に成功した50代女性の事例

ご依頼者様情報 ・50代 ・女性 ・婚姻期間 15年以上 子2人 ・不貞を認める   【事件の詳細】 ご依頼者様のご主人は、転職先で知り合った女性と不貞関係を持つようになりました。   ご依頼者様は、お子様が興味本位でご … 続きを見る

多数の成功事例を見る よくあるご質問を見る

弁護士依頼するとこんなメリットがあります

迅速かつ適正に慰謝料の獲得を図ります。

ご本人様からの慰謝料請求では、浮気・不倫・不貞相手が感情的になって請求に応じないこともあるかもしれません。
けれど、弁護士は、浮気・不倫・不貞問題を感情論で終わらせません。共同不法行為に基づく損害賠償請求(慰謝料請求)という法律問題として、事案に即した適正な金額の慰謝料を請求します。
また、弁護士法に基づく情報照会制度の利用、内容証明郵便の利用や訴訟・裁判手続きの活用など事案に即した適宜のタイミング、適正な方法で、慰謝料の獲得を図ります。
法律問題の専門家である弁護士が、適宜のタイミング、適正な方法で、適正な請求をするから、ご本人様による請求と比べて迅速な解決が図れます。
弁護士だけが利用可能な情報収集・調査制度はこちら

相手との連絡・交渉・訴訟その他の裁判手続きなどの全ての対応を、

弁護士に任せることができます。

ご本人様自ら、浮気・不倫・不貞相手に連絡したり、慰謝料請求の交渉をすると、ストレスがかかります。訴訟やその他の裁判手続きを利用する際、手続きが分からなかったり、難しい書類を作成して提出したり、何度も裁判所へ行ったりするのも時間や労力がかかります。
浮気・不倫・不貞相手への連絡や交渉も、弁護士に任せてしまえばストレスを軽減できます。訴訟その他の裁判手続きなど難しい手続きも弁護士に任せれば安心・簡単です。
弁護士が、ご依頼者様の代理人として、浮気・不倫・不貞相手に連絡・交渉、裁判所に出廷、書類や証拠の提出など全ての対応を行います。

法律問題の専門家があなたの味方になります。

トラブルの当事者になってしまったら、自分の味方が欲しいと思うのは当然のこと。
浮気・不倫・不貞の慰謝料問題は、夫婦・婚姻関係・家庭生活に大きな影響を与えるため、別居・離婚など他にも不安や悩み・問題を抱えている方も多いと思います。
弁護士は、法律トラブルを解決する専門家です。これら全ての法律トラブルについて、専門家である弁護士が心強い味方になります。

弁護士にご依頼頂いた方だけが利用可能なお得情報!

弁護士だけに認められている情報の照会手続きがあるのをご存じですか?

弁護士だけが利用可能な弁護士法に基づく情報の照会制度があります。請求相手についての情報に不足がある場合、この弁護士照会手続きを利用して、情報を収集することが可能です。
例えば、浮気・不倫・不貞相手の携帯電話番号から、氏名や住所などの情報を収集できる場合があります。また、浮気・不倫・不貞相手が転居してしまい、現住所が分からない場合に、旧住所から現住所を調査できます。その他、浮気・不倫・不貞相手の所有している車のナンバーから氏名や住所などその車の登録情報について照会したりできます。
この弁護士照会制度で収集した情報は、事件の処理に必要な範囲で利用するものであり、情報の収集を目的としたご依頼は受け付けておりません。つまり、浮気・不倫・不貞、離婚などの慰謝料請求を弁護士にご依頼いただいた方だけが、この制度を利用することができます。
※浮気・不倫・不貞相手が不明な場合や全く情報がない場合は利用できないほか、収集できない情報もあります。

弁護士費用

慰謝料請求したい方に、安心・納得してご依頼頂くために、A・B2つの弁護士費用プランを用意しました。

慰謝料請求したい方の弁護士費用一覧表
  プランA:順次支払型 プランB:成功報酬型
着手金 報酬金 着手金 報酬金
交渉 10万円 回収額
の16%
無料 回収額 の
20〜30%
訴訟 お見積り
(10〜20万円)
お見積り

ただし、争点がある、不貞について証拠がない又は相手方が無資力の場合、プランB:成功報酬型ではお受けできません。
※表記は全て税別。また、別途実費がかかります。

弁護士費用解説図

img001

※表記は全て税別。また、別途実費がかかります。

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム