Q&A

法律相談をしたことが他の人に知られませんか。

弁護士は法律上の守秘義務を負っています。
当事務所は守秘義務を厳守しておりますので、法律相談をしたことやその内容について他の人(相手方も含む)に知られることはありません。
また、当事務所は、ご相談者様の個人情報やご相談内容等の情報を個人情報保護規程に基づき厳密に管理しております。

 

〔参考条文〕

(弁護士法第23条)「弁護士又は弁護士であった者は,その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し,義務を負う。」
(弁護士職務基本規程23条)「弁護士は,正当な理由なく,依頼者について職務上知り得た秘密を他に漏らし,又は利用してはならない。」
(刑法第134条)「医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」

関連記事

既婚男性と不倫関係になり、男性の妻にばれて慰謝料を請求されました。お金もなく、話合いをする気もないので無視しています。このまま無視を続けるとどうなりますか。

裁判外の請求通知を無視すれば、訴訟を起こされる可能性が出てきます。 訴訟も無視すれば、原告の主張通りに事実が認定される結果、慰謝料支払いを命じる判決が下されます。 判決があると強制執行ができるので、財産を差し押さえられる … 続きを見る

既婚女性を好きになってしまい、LINEのやり取りや食事をする関係を半年ほど続けてきました。キスまではしましたが、肉体関係はありません。女性の夫から慰謝料請求されたのですが、このような場合でも慰謝料の支払い義務があるのですか。

仮に裁判になった場合、慰謝料の支払い義務が認められる可能性はあります。ただ、慰謝料の金額は不貞行為があった場合と比べれば低くなります。   1.不貞行為とは 不貞行為とは、婚姻している者が、配偶者以外の者と性交 … 続きを見る

知人女性と浮気をしたことを妻に知られてしまいました。しかし、元はといえば妻の拒否によりセックスレスになっていたのが原因です。浮気をしても仕方ないのではないでしょうか。このような場合にも慰謝料支払い義務はあるのですか。

たとえセックスレスであっても、配偶者以外の人と性交渉をすれば不貞行為になります。不貞は相手の方との共同不法行為なので、不貞をされた配偶者は、不貞をした配偶者と不貞相手のどちらにも慰謝料を請求できます。   1. … 続きを見る

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム