Q&A

自分で交渉していますが、請求されている慰謝料の金額が払えない場合、どうしたらいいですか。

2つの点で交渉の余地を探るべきです。
①慰謝料の総額を減らせないか。
②分割払いに応じてもらえないか。

 

1.慰謝料の減額交渉のポイント

減額交渉に最も有効なのは、判例などの慰謝料の相場です。

一般的に、不貞によって離婚に至ったケースでは高くても300万円以下、婚姻を継続するケースでは100万円以下です。

「慰謝料の相場と比べて高すぎる」という指摘は、多くの場合、効果的です。

また、事案によっては相場より低い慰謝料が妥当なこともあります。不貞行為が一度だけであるなど関係が比較的浅い場合、不貞行為の発覚以前から夫婦関係が破綻に近い状態であった場合などは、原則として相場より低い慰謝料が妥当な事案といえます。

 

2.慰謝料を分割払いするには

まず、一括払いは資力的に不可能であるという事実を伝えます。そのうえで、何回払いならば応じてもらえるかという交渉をしていきます。

分割払いの場合、お金のやり取りをして終わりにできないので、相手にとっては将来本当に履行してもらえるのかが不安要素となり、その点にしっかり手当をしないと交渉の成立は難しいでしょう。場合によっては、公正証書でなければ分割払いに応じてもらえないこともあります。

公正証書では、分割払いを特定の回数(1回とすることもあります。)怠った場合、残り全額について強制執行されてもかまわないという一文を入れるのが一般的です。このような公正証書を作った場合、支払いを怠ると差押えなどの強制執行をされるおそれがありますので、注意が必要です。

関連記事

既婚男性と不倫関係になり、男性の妻にばれて慰謝料を請求されました。お金もなく、話合いをする気もないので無視しています。このまま無視を続けるとどうなりますか。

裁判外の請求通知を無視すれば、訴訟を起こされる可能性が出てきます。 訴訟も無視すれば、原告の主張通りに事実が認定される結果、慰謝料支払いを命じる判決が下されます。 判決があると強制執行ができるので、財産を差し押さえられる … 続きを見る

既婚女性を好きになってしまい、LINEのやり取りや食事をする関係を半年ほど続けてきました。キスまではしましたが、肉体関係はありません。女性の夫から慰謝料請求されたのですが、このような場合でも慰謝料の支払い義務があるのですか。

仮に裁判になった場合、慰謝料の支払い義務が認められる可能性はあります。ただ、慰謝料の金額は不貞行為があった場合と比べれば低くなります。   1.不貞行為とは 不貞行為とは、婚姻している者が、配偶者以外の者と性交 … 続きを見る

知人女性と浮気をしたことを妻に知られてしまいました。しかし、元はといえば妻の拒否によりセックスレスになっていたのが原因です。浮気をしても仕方ないのではないでしょうか。このような場合にも慰謝料支払い義務はあるのですか。

たとえセックスレスであっても、配偶者以外の人と性交渉をすれば不貞行為になります。不貞は相手の方との共同不法行為なので、不貞をされた配偶者は、不貞をした配偶者と不貞相手のどちらにも慰謝料を請求できます。   1. … 続きを見る

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム