解決事例

解決事例 被害者本人との示談交渉で400万円以上の慰謝料減額に成功した事例

【ご依頼者様情報】

・40代
・男性
・婚姻期間 10年以上 子2人
・不貞を認める
・妻に内緒・秘密にしてほしい

【事件の詳細】

ご依頼者様は、あるインターネット上のゲームで、特定のプレイヤーと会話をする内に親しくなり、実際に会うことになりました。
会ってみたところ、とても気が合い、その日のうちに肉体関係を持つにいたりました。
その後も、相手女性とはときどき連絡を取り合い、数回会い、また、肉体関係も持ちました。

相手女性の夫は、相手女性のLINEを見て、相手女性とご依頼者様との不倫を知り、ご依頼者様に対し、直接会って謝罪するよう求めました。

ご依頼者様は、不倫の事実を奥様にばれたくないと考え、相手女性の夫と会って謝罪しました。
ところが、相手女性の夫は、それでは納得せず、不倫の事実をご依頼者様の奥様に話すこと、それができないのであれば慰謝料500万円以上を支払うよう求めました。

ご依頼者様は、不倫を奥様に話すことも、また、慰謝料500万円以上を工面することもできず、ご自身で事件を解決することは困難と考え、当事務所にご相談・ご依頼くださいました。

本件の解決にあたっては、ご依頼者様から、不倫したことが奥様にばれないようにしてほしいこと、慰謝料額を支払い可能な金額まで減額してほしいとのご要望がありました。

ご依頼者様のご要望を踏まえ、担当弁護士が、被害者(相手女性の夫)本人と、半年以上にわたり、粘り強く交渉しました。
その結果、慰謝料額は、ご依頼者様の支払い可能な金額である100万円となり、500万円以上の大幅な減額に成功しました。
また、担当弁護士の丁寧で誠意ある対応に、被害者本人も納得し、守秘義務条項を入れた示談を成立させることに成功しました。

※個人情報等保護のため、実際の解決事例を基に、事実関係に変更を加え編集したものを掲載しています。

関連記事

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム