MENU

慰謝料問題の解決事例

慰謝料請求された方の解決事例

交際していた男性が既婚者で、男性の妻から300万円の慰謝料を請求され、訴訟を提起された
弁護士が対応し、婚姻関係破綻や無過失を主張して争った結果、70万円で訴訟上の和解成立
職場の既婚女性と不倫関係になり、女性は離婚し、元夫から慰謝料300万円を請求された
慰謝料30万円で訴訟上の和解が成立
婚活パーティーで知り合った男性が既婚であり、男性の妻から慰謝料300万円を請求された
破綻の抗弁を主張し、慰謝料50万円で訴訟上の和解が成立
既婚男性と不倫関係になり、男性の妻から500万円の慰謝料を請求され、訴訟を提起された
弁護士が対応し、消滅時効を主張して争った結果、30万円で訴訟上の和解が成立し、さらに求償権行使で23万円を男性に負担させた
勤務先の男性と不倫関係になり、男性の妻から慰謝料300万円を請求された
慰謝料250万円で和解が成立したが、半額の125万円は男性に負担させた
知人女性と不倫関係になり、女性の夫から慰謝料500万円を請求する訴訟を提起された
訴訟告知により不倫相手女性も訴訟に参加させ、慰謝料120万円の判決を得、さらに半額を不倫相手女性に負担させた
職場の先輩男性との不倫で慰謝料300万円を請求されたが、200万円減額できた事案
職場の先輩である既婚男性と不倫関係になり、男性の妻から300万円の慰謝料を請求された
弁護士の交渉により、100万円で和解成立
勤務先の男性と不倫関係になり、男性の妻から300万円の慰謝料を請求された
慰謝料120万円で和解が成立したが、全額を男性に求償して負担させた
趣味で知り合った男性と不倫関係になり、男性の妻から慰謝料200万円を請求された
弁護士の減額交渉により、150万円以上の減額に成功
既婚男性と交際したことにより、男性は離婚に至り、男性の元妻から慰謝料300万円を請求された
弁護士が交渉し、100万円以上の減額に成功。接近禁止を入れないなど、事案に即した解決
名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中