解決事例

当事務所での手続きの結果

【ご依頼者様情報】

・30代
・女性
・婚姻歴なし
・浮気・不貞を認める
 

【事件の詳細】

 

ご依頼者様は、職場で既婚男性と知り合い、仕事の関係で親しくするうちに、お互い惹かれ合うようになり、その男性と一時的に交際し、肉体関係を持つにいたりました。

その後、ご依頼者様は相手の男性とは別れましたが、突然、相手男性の妻の代理人弁護士から、不貞の慰謝料として500万円の支払いを求める訴状が届きました。

ご依頼者様は突然の訴状に驚き、不貞は認めるものの、とても払える金額ではなかったため、急いで弁護士を探され、当事務所にご相談・ご依頼されました。

ご依頼者様は、不貞は認め、反省しているものの、500万円という金額はとても払えないので減額してほしい、とのご希望をお持ちでした。当事務所弁護士は、このようなご依頼者様のご意向を踏まえ、ご依頼者様の代理人として裁判に出廷し、本件の事情を踏まえた慰謝料の減額交渉を行いました。

その結果、約100万円の慰謝料の支払う旨の裁判上の和解(当初の請求から400万円以上の減額に成功)が成立し、事件は終了となりました。

 

※個人情報等保護のため、実際の解決事例を基に、事実関係に変更を加え編集したものを掲載しています。

ご利用にあたっての注意事項

● 2017年08月01日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。