コラム

慰謝料請求された方のよくある反論・弁解のまとめ:part2 | 浮気・不倫・不貞・離婚の慰謝料のコラム

「慰謝料請求された方のよくある反論・弁解のまとめ:part1」のつづき

慰謝料請求された方のよくある反論⑤:「夫婦は破綻していた」

浮気・不倫の当時、夫婦は破綻していたから、慰謝料請求は認められないという主張は、法的には、抗弁(こうべん)と呼ばれています。

抗弁は、それを主張する側が立証しなければなりません。つまり、慰謝料請求された側が、夫婦が破綻していたことを主張立証しなければなりません。

慰謝料請求された方のよくある反論⑥:「時効だ」

慰謝料請求には、不法行為を知ってから3年、不法行為のときから20年という消滅時効があります(民法722条)。

この時効の主張は、慰謝料請求された側の抗弁であり、慰謝料請求された側が主張立証する必要があります。

慰謝料請求された方のよくある反論⑦:「誘われたから応じただけ。私(僕)は悪くない」

相手が(しつこく)誘ったから応じただけで、私(僕)は悪くない、誘ってきた相手が悪いと主張される方がいます。

このような主張は、基本的には、浮気・不倫・不貞を行った当事者(加害者)同士の責任割合の問題です。 共同不法行為の加害者は、その一人一人が加害者に対しては全責任を負うものとされているため、被害者に対する主張としては認められません。

※慰謝料の金額で考慮される可能性はあります

慰謝料請求された方のよくある反論⑧:「相手はすでに慰謝料を受け取っている」

浮気・不倫相手が、すでに慰謝料を払ったので、私(僕)は払わないという主張は、弁済の抗弁と呼ばれます。

共同不法行為の被害者は、加害者一人一人に対して慰謝料全額を請求できますが、誰かから一部でも慰謝料が支払われた場合、論理的には、その分は、他の加害者にも請求できなくなります。

弁済の抗弁は、慰謝料請求された側が主張立証責任を負います。

 

以上、慰謝料請求された方の反論・弁解の代表例をまとめてみました。このほかにも、たくさんの反論や弁解はあります。

慰謝料請求された方で自分の反論や弁解がとおるのか知りたい、慰謝料請求したら相手がこんな反論や弁解をしてきたなど、浮気や不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、当事務所弁護士まで、無料相談下さい。

なお、ここで掲載した各主張については、より詳しい内容(具体的な主張立証の例、裁判例など)を、随時、コラムに掲載予定です。

関連記事

職場不倫のケースで、勤務先に使用者責任を追及できるか?

1.職場不倫が発覚した場合に会社は責任を負うのか? 夫の浮気相手が夫と同じ会社で働く人物であった場合、その会社に対して責任を追及することはできるのでしょうか? 勤務先に対して慰謝料を請求したり、浮気相手の女性を退職させる … 続きを見る

浮気、不貞、不倫の慰謝料が払えない場合はどうするか?

1.浮気、不倫の慰謝料が支払えない 結婚している男性と不倫をして、相手方の妻から慰謝料を請求された場合、 どのように対応したらよいのでしょうか? 慰謝料を支払えない場合は、どうしたらいいのでしょうか? 2.そもそも浮気、 … 続きを見る

浮気、不貞、不倫は犯罪?違法行為?

1.不倫は法に反する行為なのか 2017年に入り、政治家や芸能人の不倫のニュスが世間をにぎわせています。 テレビやワイドショーでは、不倫をした人物が極悪人のように取り上げられること もあります。 それでは、果たして不倫は … 続きを見る

自分で不貞相手に慰謝料を請求する方法

1.弁護士を通さずに慰謝料を請求することができるか 夫が浮気や不倫をした場合、どうやって慰謝料を請求したらよいのでしょうか? 「慰謝料」と聞くと、裁判や弁護士のイメージがあるかもしれませんが、必ずしも 裁判を起こす必要は … 続きを見る

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム