MENU

慰謝料問題の弁護士コラム

不貞の慰謝料問題を図解

base-graph

「浮気や不倫・不貞の慰謝料問題は法律問題」です。
ここでは、具体的に、どういう法律問題なのか、分かりやすく基礎知識を図解します。

図のように、夫が、妻以外の女性と浮気・不倫した場合を例に解説していきます。

 

 

 

 

 

 

浮気・不倫の法的性質(①④③)

夫と女性Aの浮気・不倫は、不法行為にあたります。
夫と女性A、2人の加害者が、①浮気・不倫という加害行為によって、被害者の妻の、④③平穏な家庭生活を送る権利を侵害し、精神的損害を与えたという不法行為です。※1

不法行為の被害者は、加害者に対して、被った損害を賠償するよう請求できます。
被害者の妻は、夫と女性Aに対して、精神的損害を賠償するよう、つまり、慰謝料を支払うよう請求できるのです。

 

慰謝料請求の方法(②⑤)

加害者は、夫と女性Aの2人ですが、この2人は、被害者妻に対して、それぞれ、妻が負った損害全額を賠償する責任を負います。※2
妻は、慰謝料を、どちらか一方に全額又はいくらずつかに分けて請求するのか、2人ともに全額を請求するのか、選ぶことができます。

 

浮気・不倫の当事者同士の関係(①)

上の例で、仮に、妻が、女性Aに対して、慰謝料全額を請求し、女性Aがこれを支払った場合、夫は、どうなるのでしょうか。※3
この場合、加害者2人の内女性A1人だけが、全責任を負っていますから、女性Aは、夫に対して、夫の責任に応じた支払いを請求することが出来ます。
このように、共同不法行為の加害者は、被害者に対しては全責任を負いますが、加害者同士の関係では、その割合に応じた責任を取ればよいとされています。

※1 加害者が複数いる不法行為は共同不法行為と呼ばれています。
※2 専門的には、不真正連帯債務と呼ばれている責任です。
※3 加害者間の責任割合の問題です。

この問題の応用編!

よくある質問:ダブル不倫の場合はどうなるの?

 

ご利用にあたっての注意事項

● 2015年12月21日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。

名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中