コラム

浮気、不貞、不倫は犯罪?違法行為?

1.不倫は法に反する行為なのか

2017年に入り、政治家や芸能人の不倫のニュスが世間をにぎわせています。

テレビやワイドショーでは、不倫をした人物が極悪人のように取り上げられること
もあります。

それでは、果たして不倫は犯罪行為なのでしょうか?
法律に反する行為なのでしょうか?

今回の記事では、「不倫は法律に反するのか」という点について解説します。

2.不倫は犯罪なのか?

不倫をすると、犯罪者として逮捕されるのでしょうか?

そもそも「犯罪」とは何でしょうか?犯罪とは、「刑法及び特別刑法で刑事罰が定められて禁止されている行為」です。刑法に違反すると、警察によって逮捕され、取り調べを受けることになります。罪が重ければ、罰金刑を課されたり、刑務所に入れられることもあります。

現在の日本の刑法には、浮気や不倫について書かれている条文はありません。特別刑法を探しても、不倫を犯罪として定めた条文はありません。よって、日本国内で浮気や不倫をしても、現時点では犯罪には当たりません。

つまり、「不倫は犯罪である」という表現は法的には誤りです。不倫をしたからといって、警察に逮捕されたり、刑務所に入れられることはありません。

 

3.不倫は法律に反する行為なのか?   

それでは、「不倫は法律に反する行為である」という表現は正しいのでしょうか?

答えは「イエス」です。

日本には、刑法以外にもたくさんの法律があります。
その中でも、家族に関するルールが書かれている法律を「民法」といいます。

 

(1)不倫は離婚事由として定められている

民法には、結婚や離婚にまつわるルールが定められています。民法770条1項1号には、離婚原因として「配偶者に不貞な行為があったとき」と定めています。

「不貞な行為」とは、妻や夫以外の異性と性交渉を行うことです。つまり、「浮気や不倫によって肉体関係を結ぶこと」です。

どうして浮気や不倫をすると、離婚原因となるのでしょうか?

日本では一夫一妻制を採用しているため、配偶者以外の人物とは性的関係を持つべきではない、と考えられています。
これを「貞操義務」と呼びます。

浮気や不倫は、この貞操義務に反する行為です。よって、不倫や浮気が発覚した場合は、夫婦間の貞操義務に反する行為として、浮気をされた側から一方的に離婚を請求することができるのです。

 

(2)不倫は不法行為責任の対象となる

さらに、浮気や不倫をした場合は、民法上の不法行為として損害賠償責任の対象となります(民法709条、710条)。

不法行為とは、「他人の権利や利益を侵害した場合、その損害を賠償する責任を負う」ということです。

例えば、交通事故によって他人の車を傷つけた場合、その車の修理費を支払う義務を負います。喧嘩によって他人をケガさせた場合は、その人の治療費を支払わなければいけません。このように、他人の身体や所有物を傷つけた場合の責任のことを、「不法行為責任」と呼びます。

結婚している男性が浮気をして、それによって夫婦関係が崩壊した場合は、不法行為に該当します。「男性の浮気によって、妻が平穏に結婚生活を継続する権利が侵害された」という理由です。このような場合、妻は夫と浮気相手に対して、損害賠償として慰謝料を請求することができます。

慰謝料とは、「精神的苦痛を受けた人物が、その苦痛を慰謝するために受け取るお金」です。浮気によって大きなショックを受けたとしても、時間を戻すことはできません。そこで、慰謝料というお金を受け取ることによって、その精神的な苦痛を軽減しようという制度です。

 

4.まとめ

浮気や不倫は犯罪ではありません。不倫をしたからといって、現在の日本では警察に逮捕されることはありません。ただし、民法上では不貞行為は離婚事由の一つとして定められており、不法行為責任の対象にもなります。

 

ご利用にあたっての注意事項

● 2018年12月21日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。