Q&A

浮気・不倫・不貞の慰謝料請求訴訟・裁判をしたい。管轄のない裁判所に訴えてしまった場合、どうなりますか?

浮気・不倫・不貞の慰謝料請求訴訟・裁判は、管轄のある裁判所へ、訴え提起する必要があります。

詳しくは⇒浮気・不倫・不貞の慰謝料請求訴訟・裁判をしたい。どの裁判所に訴えればいいですか?

もしも、管轄のない裁判所に訴訟を提起してしまった場合、管轄のある裁判所へ、事件が移されることになります

裁判所が事件を移送させる場合と、当事者(主に被告)からの申立てによって移送される場合があります。

以下のとおり、応訴管轄が生じることで、事件が移送されない場合もあります

 

【裁判所が移送する場合】

裁判所は、ある事件について、その裁判所に管轄があるかないかを調べる権限を有しています。このような権限を職権と呼びます。 裁判所が、職権で管轄があるかを調べ、ないと判断した場合、職権で、管轄のある裁判所に事件を移すことができます(民事訴訟法14条、16条)。

【当事者の申立てによる場合】

被告から、管轄がない旨の反論が出されることもあります。 このような場合は、被告から移送の申立てがなされ、管轄のある裁判所に事件が移されます(同法16条)。

【応訴管轄】

被告が、管轄がない旨の反論(管轄違いの抗弁)をしないまま、事件の内容について反論等(本案に対する弁論・弁論準備手続きにおける申述)を行った場合、応訴管轄が生じます(同法12条)。応訴管轄によって、もともとは管轄のなかった裁判所について、管轄が生じることになり、結果として事件が移送されない場合もあります。

関連記事

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム