解決事例

解決事例 弁護士による示談交渉で200万円以上の慰謝料減額に成功した30代男性の事例

【ご依頼者様情報】

・30代
・男性
・婚姻歴あり
・不貞を認める

【事件の詳細】

ご依頼者様は、大学時代の同窓会で既婚女性と知り合い、共通の趣味の話などでお互い好意をもつようになりました。当初はラインや電話をするだけの仲でしたが、その後、何度か一緒に食事を重ねるうちに、親密な関係となり、肉体関係を持つようになりました。

しかし、相手女性の行動に不審感をもった相手女性の夫は、妻の浮気を疑うようになり、探偵を雇って不貞関係の証拠を収集し、代理人弁護士を通して不貞の慰謝料400万円を請求してきました。ご依頼者様は、突然の請求に驚き、またとても払える額ではないため、ご自身で事件を解決することは困難と考え、当事務所にご相談・ご依頼くださいました。

本件の解決にあたっては、ご依頼者様が不貞を認め、反省していること、交際期間が短いこと、経済的事情から支払が困難であることなど、ご依頼者様のご要望を踏まえ、当事務所弁護士がご依頼者様ご希望の金額まで粘り強く交渉しました。その結果、約200万円の減額に成功し、示談が成立しました。

※個人情報等保護のため、実際の解決事例を基に、事実関係に変更を加え編集したものを掲載しています。

関連記事

浮気・不倫・不貞や離婚の慰謝料に関するご相談は無料!

女性弁護士も在籍している当事務所だからこそ本音で話せます。

無料相談申込フォーム