解決事例

当事務所での手続きの結果

【ご依頼者様情報】

・20代
・男性
・婚姻期間 2年未満 子なし
・不貞を認める
 

【事件の詳細】

ご依頼者様の妻は、ご依頼者様との婚姻以前より、相手男性と交際していたようで、ご依頼者様のとの婚姻後、しばらくは相手男性と会っていなかったようですが、1年経たない内に相手男性との交際を再開するようになったようです。
ご依頼者様は、妻の対応が急に冷たくなったことに不審を抱き、妻の携帯電話を見たところ、妻と相手男性とのメールのやりとりを目にし、本件不貞関係を知るに至りました。
 
ご依頼者様は、妻と今後の夫婦関係について話し合い、まずは別居することとしましたが、結局、協議離婚するに至りました。
 
ご依頼者様は、離婚に至ったのは、元妻と相手男性それぞれに責任があると考え、元妻からはご自身で請求して離婚慰謝料の支払いを受け、面識のなかった相手男性に対しては、弁護士から慰謝料請求してほしいと、当事務所にご相談・ご依頼下さいました。
 
当事務所弁護士が、代理人として、相手男性に対し、慰謝料を請求する旨の通知を送付しました。
すると、相手男性も代理人弁護士を選任の上、交渉に応じました。相手男性は、不貞の事実及びそれによってご依頼者様夫婦が離婚に至ったことを認め、ご依頼者様に謝罪する意向であると回答しましたが、婚姻期間が短いことや元妻から離婚慰謝料を受け取っていることなどを理由として、大幅な減額を要求してきました。
 
その後、当事務所弁護士は、何とか示談の範囲内で解決してほしいとのご依頼者様の要望を受け、相手代理人弁護士と半年近くに渡り交渉を重ね、示談を成立させました。
結果として、慰謝料約100万円を獲得することに成功しました。
 
※個人情報等保護のため、実際の解決事例を基に、事実関係に変更を加え編集したものを掲載しています。

ご利用にあたっての注意事項

● 2017年05月30日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。